粉末タイプのマッシュポテトを買ってみました

スーパーで北海道産の男爵イモを100パーセント使用したマッシュポテトの粉末タイプを見つけたので、買ってみました。早速、ポテトコロッケを作りました。作り方は、ボールに熱湯と冷たい牛乳を入れます。その中にマッシュポテトの粉を少しずつ振り入れ、はしで静かに混ぜ合わせます。その中に塩と胡椒とマヨネーズを入れて切ったハムと小口切りにしたキュウリを入れて混ぜたら出来上がりです。いつもは、ジャガイモの皮をむいて切って茹でていたので、手間がかかっていましたが、マッシュポテトの粉末タイプは、混ぜるだけなのでとても簡単でした。食べてみると少しポテトチップスの味がしましたが、美味しかったです。ジャガイモを買うよりも値段も安かったので、これからどんどん使っていこうと思いました。他にも、いも餅やコロッケ、小麦粉と混ぜたニョッキ作ったり、マッシュポテトをグラタンの上に飾ってオーブンで焼いても美味しそうだなと思いました。キレイモ 全身脱毛 予約

マウスパッドを洗ったらかなりきれいになりました

現在使っているマウスパッドを久しぶりに掃除したのですが、かなり汚れていてびっくりしています。主に手垢とか埃関係の汚れだと思います。

食器用洗剤を少したらしてこすり洗いをすると汚れが結構おちたりするのですが、食器用洗剤の使い過ぎは環境破壊とかにもなるので使用する際は適量を使うようにお願いします。3ヶ月ぶりぐらいにマウスパッドの清掃をしたので洗って乾かした後はかなりクリーンな状態となっていて新品に近い感じの状態になったのでかなりホッとしています。マウスパッドの洗い方には種類があるようですが、自分がやっているのはインターネットで見つけた情報を参考にしてやっている方法なのでこれが正しいのか正しくないのかは微妙な所となっています。

皆様の中でもマウスパッドを定期的に掃除している方はいるかと思いますが、どういった方法でマウスパッドを洗ったりしているでしょうか。差し支えなければ教えてもらえると助かります。

次回マウスパッドを掃除する時にそれを試してみようかなと思っています。http://indexmasher.com/souryou/shoryokisei-okanekariru.html

元総理大臣の羽田孜さんがお亡くなりになりました

 元総理大臣の羽田孜さんが82歳でお亡くなりになりました。
竹下登元首相が金丸信と結成した経世会の七奉行といわれた羽田さんですが,自民党を離党した後に非自民連立政権において総理大臣となった羽田さんですが,在任期間約2ヶ月と短命内閣で終わりその後は民主党の重鎮として存在感を発揮してきました。
クールビズを始めた総理としても知られましたが,小沢一郎氏との決別がその後の政治人生に大きく影響を及ぼしたのではと思います。
これで竹下七奉行のうち存命でおられるのは,小沢一郎氏と長老の渡部恒三氏のみとなりました。
何かと黒い噂もあった竹下七奉行ですが,最近の代議士さん達の雄弁さを考えると男は黙って仕事をする的な重みがあった気がします。
重箱の隅を突っつく様な事に終始する野党の姿勢を見ると,羽田元総理が野党の重鎮として存在していた頃の野党にはいくらか期待感があったものです。
重みがあり実行力が伴う政治家は,今後出現しないのでしょうか。アリシアクリニック スピードプラン

7月と8月は涼しい気温・夏色が薄いようなワンシーズン

この夏は比較的涼しい気温で通過、7月の下旬は夏休み前の連休を通過し、2週間くらいの清涼ウィークでした。県境の山間部に出かけたような体感温度、季節は夏のピークというよりも初夏の気温、夏でも涼しいという時期があるので、毎年こういう気象状況で通過かなと思う。昔の気温と比べれば夏色が薄いような感じですが省エネはメリット、日中がまずまずでも朝晩は気持ちがよいし、通勤時間はひと運動という感じで歩いています。7月の下旬は涼しかったので、8月は気象バランスで気温アップと考えていましたが、お盆の連休は案外低め気温の初日でした。この気象状況を夏全体のバランスで考慮すると、6月つゆ時期の雨量が少なかったので、雨量をカバーしているような気がします。雨が降ると湿度アップですから室内の洗濯物がピンポイント、扇風機の風量で夕方までに乾くだろうかという感じ、少量なのでまずまずよいと思いますが。台風一過から猛暑で結構な雨降り、気温が高いシーズンなので雨量も多いという8月ですね。ミュゼ 100円

打ちっぱなしをしたり、初めてスカイツリーに行ったり。

最近行ける時はなるべく週一で打ちっぱなしの練習をしています!

過去の会社コンペでは圧倒的最下位の時代が続き、最近は辛くも初参加の人に勝ちブービーというレベルなので、まだまだ、ゴルフやってます、とは言いづらいのですが…。

今日はなんか自分の中でブレイクスルーがありました!
当てるところを微妙にズラして、どこが1番飛ぶか実験しまくりました。
自分はなんか根元で打ってたぽいことが何と無くわかり、ホントのミートする時の感覚は自分がイメージしてたよりも、なんかカツって感じなんだなぁと。

急に飛距離がのびたので、とりあえずはこの方向で練習していこうと思います。
(出来る人からしたら、まだ違うのかもしれませんが…。)

あとは先週末、初めてスカイツリーの展望台に登りました。

一応、フロア350とフロア450は両方とも行きました。
景色がキレイなのはもちろん、フロア450の透け透けアクリル板のとこが、一気に酔いが冷めるくらい怖かった…。

あと、フロア350からフロア450に上がるエレベーターの天井が半分透明になっていて、スカイツリーの内部がこれまた透け透けでスリリングでした。

初スカイツリーは中々楽しめました!!

自宅の管轄費とモータープール代ってまず割高だなあと把握

一軒屋と異なり、マンションには月々制御費や駐車場代がかかります。
駐車場代は意外と仕方ないとして、制御費が至極曲者。
これ、作用はシェア部分の保存などに使われるんですよね。
一軒屋だったらストレート無用総額だ。
マンションによりますが、我家は制御費だけで月数万円支払ってある。
一番大きいのは復旧積立稼ぎ。
10時に1たび、外壁などを修繕するためのプライスだ。
マンションは高層なので、店舗に頼んで大がかりな復旧をしてもらわないといけないから高くつくんですよね。
エレベーターの改め代金やシェア部分のオーバーホール代金なども、店舗にやってもらう結果高額です。
一軒屋なら、エレベーターのいらっしゃるお宅は少ないですし、オーバーホールや復旧もある程度はそれぞれたちでできたり、店舗に申し込むとしても体積が乏しいのであんまり高額ではないと思います。
そう考えると、実はマンションに住むというのはなかなか割高のかもしれません。
低いセコハンの一軒家を購入した方が、将来的には効率いいかもしれませんね。

今、わたしが大好きなピアノを弾くわけは。

わたしは5年前からピアノをやり始めました。毎日欠かさず練習をしています。
平日はあまり練習できませんが30分以上やるようにしています。休みの日は長くて3時間くらい弾いてしまう時もあります。そのくらいピアノを弾くのが好きです!
毎年春にコンクールがあり、難しい曲を弾きます。練習はとても大変ですが、上手く弾けた時の達成感は大きいです。
コンクールには600人以上の観客がいます。初めてのコンクールでは弾いたことを忘れるくらい、頭が真っ白になるくらい緊張しました。
弾いてることを忘れるくらいの緊張と終わったあとの安心感でまた来年も頑張りたい!と思えるようになります。
わたしは今大学4年で来年から社会人です。ピアノを続けられるかと不安です。もしかしたら、次のコンクールで最後になるかもしれないので一生懸命練習しています。
練習の辛さと続けることの大切さ、達成感と緊張感を味わえるのはピアノだけだと感じています。
あと、何回コンクールに出られるか分かりませんが、ピアノはずっと続けていきたいと思います。視力 アップ 子ども

フラメンコをはじめてみて素晴らしさを発見中

長い間レッスンを受けてますが、楽しくてやめられません。
学べば学ぶほど奥が深く素晴らしい芸術だと思ってます。
曲種は代表される47曲あり、喜びや悲しみを秘めたいろいろな曲があります。
スペインのアンダルシア地方が発祥の地でセビジャーナスという民謡が有名です。毎年4月にはお祭りがあり世界各地から集まりにぎわいます。
大人から子供まで踊り1-4番まであり、コンペティションもあるようです。
あと私が好きなのは、ブレリアと言ってテンポの速い曲種です。この曲は12拍子で、リズムになれるまで時間がかかりますが、たくさんの人の踊りを見たり勉強するととっても楽しいです。フラメンコはギター歌 踊りが一緒になって一つの芸術になります。パルマと言って手拍子は見てても素晴らしいです。
扇子や帽子 カスタネットなども使ったりマントンと言って大きいショールで踊ったりもします。興味のある人は一度フラメンコのショーをやってるレストランに見に行ってみてはどうでしょうか。ミュゼ 料金

「悪徳ジャックに宜しく」を無料で急速読みしました。

アマゾンのプライム団員だ。キンドルを持っていて、「悪徳ジャックにさながら」(漫画)が無料で読めると言うので、ダウンロードして読んでみました。最初は不要だから、さほどつまらないだろうとたいして熱望もしていなかったのですが、これが恐れに反して、かなり引き込まれ、たまにわめきながらごっそり読み終えました。よむのが鬱陶しい会社も潤沢(まるで)あったのですが、キャラクターの練習とともに、清々しいポリシーにもさせられ、敢然と生きていこうというポリシーにもさせられたのには、驚きました。それほど1巻を読んだときの驚愕は濃密でした。日本の診断プロセスのため知らないことがたくさんあることに気づき、緊急クリニックには、極力お世話になりたくないと心底思いました。書かれている素行全てが特性ですかどうかは、診断担当では薄い自分には判断できませんが、せめてこれまで考えてもみなかったこと、知ろうともしなかった素行、存在することも知らなかったウイークポイントなどを提起されたことは、全くよかったと思います。己とクリニックとの原因も見直すイベントを与えて貰え、ただのリーディングと言うより、ある意味考え方を根本から揺さぶられる経験となりました。

勘違いで一泊だけになってしまった東京観光の話

先日、1人で東京へ行ってきました。東京へ行くのはこれで2回目なのですが、前回は浅草、銀座、渋谷、スカイツリー、原宿を観光したので今回は違うところを観光してみようと思いました。
東京へ行く前に、まずホテルの予約と新幹線の予約が一緒にできるサイトで予約しました。私はその時は「東京はいつでもいけるから一泊だけでいいや。」と思い、1泊2日で新幹線とホテルを予約しました。その時はそれでよかったのですが、日が経つにつれてだんだん私の脳みそがおかしくなり始めました。
予約した当時は1泊2日と思っていたのですが、私の脳はいつの間にか2泊3日に切り替わっていました。とんでもない脳みそです。
そして、その能みその状態のまま東京へ行きました。ホテルでチェックインするときに「1泊でよろしいですか?」と聞かれました。その時私の脳みそは2泊3日状態だったので「え、2泊の予定なんですけど。」と訳のわからないことを言い出しました。それでわざわざホテルのフロントの人に確認してもらったりしたのですが、その直後に私の脳は正常に戻ったので自分が間違っていたことに気づきました。
その後もホテルのフロントの人からもいろいろ確認してもらったのですが、恥ずかしくて「いや、もう大丈夫です。すみません。」と何回も謝りました。
東京は楽してたのですが、自分の脳が情けなさすぎて言葉になりませんでした。