最近私は新しいことにチャレンジしはじめました。

私は運動するのがあまり得意ではありません。かと言って走るのが遅かったり球技が下手だったり泳げないわけでもないのですが、自らそっせんしてはやらない感じです。でも最近友人に誘われてフットサルをはじめました。男の子がメインのチームにど素人の女二人が行っても迷惑になるだけでしょ?と断ったのですが、最近体も全然動かしてないし外にでることも減ったので試しに続くこともないだろうくらいの気で行ってみました。チームメイトの年齢層は本当に様々で同い年の子もいれば40歳くらいのひともたくさんいました。初めは本当に基礎的なことだけさせてもらって試しにミニゲームしますか?と言われたので5対5のミニゲームに参加させてもらいました。失敗しかしないので女子が入ると話にならないのですがみんな優しく教えてくれて終始笑いながらプレーしていました。絶対に奪えるとれるをあえてとらずにシュートさせてもらえたりチームメイトからすると当たり前の優しさで、おもてなしだったのかもしれなかったのですが私自身がとても嬉しかったです。異性と交流することも全然なかったのでたわいもない会話もたのしかったです。軽い気持ちではじめたフットサルだったのですが一年くらいもう経ちました。新しいことにチャレンジするのは不安もありますが、いろんなことにチャレンジしてみるのはいいことだし、何かのきっかけにもなるし、ひととの繋がりも増えるので自分にとってとてもいいことだな?と改めて思います。葉酸サプリおすすめ薬局

本屋は心のカウンセラー、悩みは本屋がオススメ。

休みや、時間が空いた時など。
私は無意識に本屋に足を運んでいる事があります。
その時、その時、心の中で悩んでいる事は何だろうと思いながら、本屋をグルグルと周ります。
周っている時に、本のタイトルでビビっと来ると立ち止まり、目次に一通り目を通します。
ビビっと来るタイトルは、心の悩みと直結してる事が結構多いです。
彼女に貯金しろと怒られると、節約の本で立ち止まったり。上司に理不尽に叱られたりすると、鋼のメンタル本なんかが自然と本屋で立ち読みしていたりします。
そこで目次を読み、内容が自分の思い描く考えや興味のそそる内容だとすぐレジに持っていき購入します。
そこで思ったのが、本屋は今悩んでいる問題を解決してくれるカウンセラーなんじゃないかなと浮かびました。
平日の仕事終わりや、休日にフラっと本屋に足を運ぶ事をオススメします。
悩んでいる問題がもしかしたら、すんなりと解決する事もあるかもしれません。
本屋巡りを趣味にするのはどうでしょうか。銀座カラー ペア割